受験生の皆さま

TOP > 受験生の皆さま > 在校生・卒業生インタビュー

在校生・卒業生インタビュー

未来生(在校生)インタビュー

神奈川県立相模原青陵高等学校出身

神奈川県立相模原青陵高等学校出身

私は、進学後に病院での臨地実習があることを踏まえ、地元の学校への進学を考えていました。
そんな中、進路情報サイトで在校生が楽しそうに学んでいる横浜未来を発見して、その雰囲気を確かめたいと思って参加したオープンキャンパスでは、それまでに見学してきたどの学校よりも明るい空気を感じました。そして、元気な在校生と話していく中で、先生と在校生との信頼関係も感じることができました。
地元の学校と比べて、通学距離と時間は長くなりましたが、自分が看護師になるための学校として、横浜未来を選びました。

在校生の横浜未来おすすめポイント
  • 学生と教員の距離が近い、アットホームな雰囲気
  • チームワークを大切にする授業や学校行事の展開
  • 担任制を敷き、問題解決に向けて懇切丁寧な対応

神奈川県立保土ケ谷高等学校出身

神奈川県立保土ケ谷高等学校出身

看護師である母の勧めもあって参加した横浜未来の説明会では、お会いした先生や在校生の姿から「距離の近さ」を感じました。高校在学中はダンス部の練習との両立は大変でしたが、看護学校の授業についていけるよう、周囲よりも勉強した自負はあります。
しかし、入学してからの実際の授業では、想像を超える速さと範囲の広さに不安になりましたが、横浜未来の先生方は学生と対話しながらフォローしてくれるので安心です。進級して、より専門的で高度な授業になりますが、目標とする「信頼される看護師」になるために頑張ります。

在校生の横浜未来おすすめポイント
  • 入学前から始まる学習支援による学習基盤づくり
  • 学習状況に応じてカリキュラム外の補講実施
  • 個別面談によるフォロー体制

神奈川県立瀬谷高等学校出身

神奈川県立瀬谷高等学校出身

私は看護師を目指す際、専門学校への進学を決めていました。学校を選ぶにあたって、いくつかの学校を見学しましたが、施設や設備の充実という点が横浜未来を選んだ決め手となりました。吹奏楽部だった私にとって、練習環境の重要性が身にしみていたからです。
入学して実際の演習の授業に入ると「この学校を選んで正解だった」と思いました。学生数に対して、ベッドやシミュレーターの数が多いので、自分の番が回ってくる回数が多くなり、技術力を磨くことができました。
また、放課後も自由に実習室を使えるので、実技試験前には、毎日、友人達と練習に励みました。

在校生の横浜未来おすすめポイント
  • 最先端のシミュレーターを豊富に取り揃えた演習環境
  • 実習場を想定した環境(ナースコール、ナースステーション等)を完備
  • 放課後は各実習室を開放しており、自由に練習に取り組める

横浜市立南高等学校出身

横浜市立南高等学校出身

私は動物看護師として働いていましたが、身近な人が大きな病気にかかったことをきっかけに看護師を目指しました。
多くの学校の情報を集めていく中で、【スケールメリット】に魅力を感じて、横浜未来を選びました。入学後は、グループ病院を中心に実習へ行くため、初めて行く病院でも安心感があります。また、普段の授業や演習で触れている医療機器や医療資材が、臨床現場でも使用されているため、実習に出た際のギャップが少ないですし、今、臨床現場で求められていることを学校で学べるのは大きな強みだと思います。 

在校生の横浜未来おすすめポイント
  • グループ独自の奨学金で3年間総合180万円を支援
    (卒後、3年間のTMG勤務で全額返済免除)
  • 募集人数制限なし(入学生全員分用意)
  • 無利子貸与の奨学金や学費免除の特待生制度も併用可

横須賀市立横須賀総合高等学校出身

横須賀市立横須賀総合高等学校出身

私が高校3年生の時は、高校に横浜未来からの指定校推薦枠が無かったため、指定校推薦枠がある他の学校と迷いました。何度も横浜未来と他校に足を運び、出た結論が「臨床現場と繋がっている横浜未来」を受験し、実力で合格することでした。無事に合格することができてよかったです。
在学中から就職先で求められる知識や技術、心構えを身につけられることは強みだと思います。
実習先の病院には、横浜未来を卒業された先輩方も勤めていらっしゃるので、実習中に声をかけていただいたり、フォローしていただけるのは、とても有難いです。

在校生の横浜未来おすすめポイント
  • 実習先の病院が実習環境を整えてくれている(臨床現場と教育現場の協働)
  • 今、臨床現場で活躍している医師や認定看護師の講義が受けられる
  • グループ病院へ就職した場合、継続して卒後教育を受けられる

卒業生が語る横浜未来

2016年度卒 日本大学藤沢高等学校出身

2016年度卒 日本大学藤沢高等学校出身

新座志木中央総合病院 勤務

入学の決め手は、戸田中央医科グループのスケールメリットですね。
学校の雰囲気の明るさも魅力に感じました。
横浜未来の特長の一つとして、臨床現場と教育現場が繋がっていることが挙げられますが、在学中から就職先で求められる知識や技術、心構えを身につけられたことが今の私の強みになっていると思います。臨床現場に出てみてると、普段の授業はもちろん、学校行事や委員会の中で学んだチームワークが本当に大切なんだと実感しています。
現在の勤務先である新座志木中央総合病院は最先端の医療技術を導入していますが、私自身も最前線で活躍できる看護師を目指して頑張りますので、皆さんも横浜未来で看護師を目指して頑張ってください。


2016年度卒 横浜市立みなと総合高等学校出身

2016年度卒 横浜市立みなと総合高等学校出身

戸田中央総合病院 勤務

戸田中央医科グループという大きな医療法人のバックアップが受けられるという他校に無い安心感で入学を決めました。
グループの奨学金のおかげで勉強や実習に集中して取り組める環境だったことは、今振り返ると大きかったと思います。
現在の勤務先である戸田中央総合病院は500床近い大きな病院で来院される患者様も多く、診療科も多いため、覚えなければならないことが沢山あって大変ですが、それ以上にやりがいを感じています。横浜未来で教わったことが実際の臨床現場で活きています。将来は患者様はもちろん、病院のスタッフからも信頼される認定看護師になりたいと思っています。


2017年度卒 神奈川県立二俣川看護福祉高等学校出身

2017年度卒 神奈川県立二俣川看護福祉高等学校出身

よこすか浦賀病院 勤務

医療ドラマをきっかけに看護師に憧れ、看護師になるための進路を考え、中学生の時の職場体験では、病院を選択しました。高校も看護師になるための進路を想定し、二俣川看護福祉高校に進学しました。
高校卒業後の進学先は、5つの看護学校を見学し、その中から「自分がその学校で勉強するイメージができた」横浜未来を選択しました。
入学後は、勉強量の多さに戸惑いました。また、目標は一つでもそこに辿り着くまでのアプローチ・手法がいくつかあり、多くのことを覚えなければならない点も大変でした。でも、自分の中で消化できると面白かったです。
横浜未来のお勧めポイントは、①先生と学生の距離が近い!②実習環境が整っている!!③トイレがキレイ(笑)
現在は、回復期で働いていますが、将来は小児科で働きたいと思っています。


2018年度卒 横浜市立戸塚高等学校出身

2018年度卒 横浜市立戸塚高等学校出身

TMGあさか医療センター 勤務

地元の学びで得た広い視野。
私は元々、地元の看護学校で学び、慣れ親しんだ地域に貢献できる看護師になりたいと考えて、地元戸塚をはじめ、神奈川・東京・埼玉・静岡で病院を展開している戸田中央医科グループ(TMG)の横浜未来へ入学しました。
入学後は、グループ病院での実習はもちろん、学校生活の中でTMGのスケールメリットに触れる機会があることで視野が広がり、将来は地元に限らず、救急医療で幅広い症例に対応し、目の前の「いのち」を救う看護師になりたいという想いが生まれました。
私は現在、救急、悪性疾患(がん)、血管・循環器障害、脳障害、小児医療など地域の中核を担う病床数446床の病院に勤務しており、救急の最前線である集中治療室(ICU・CCU)で重篤な患者様を看護させていただいております。夜勤も多く、緊迫した状況下でプレッシャーがかかる場面や患者様がお亡くなりになる場面に立ち会うなど、精神的にハードな場面が多いですが、緊急事態における的確な判断力が身につくので、理想とする看護師像に近づいていると思います。


2018年度卒 神奈川県立上矢部高等学校出身

2018年度卒 神奈川県立上矢部高等学校出身

新座志木中央総合病院 勤務

魅力的な先生が入学の決め手でした。
横浜未来のオープンキャンパスに参加した際、「先生と在校生の距離の近さ」を感じました。在校生の自然体な姿も他の看護学校に無い魅力と感じたからです。
横浜未来の先生方はコミュニケーションを大切にし、話しやすい雰囲気を作ってくれています。勉強面はもちろん、プライベートの相談にも乗ってくれます。何より私が感動したのは、副学校長自ら在校生一人ひとりに面談の時間を割いて、悩み相談に乗ってくれたことです。「絶対看護師になる」と改めて心に決めました。


2018年度卒 神奈川県立横浜栄高等学校出身

2018年度卒 神奈川県立横浜栄高等学校出身

戸田中央総合病院 勤務

この学校しかない。という想いで横浜未来を受験しました。
横浜未来を見学した際に、充実した施設・設備を目の当たりにし、「この学校しかない」と瞬間的に決めました。浪人してでも入学する覚悟でしたが、実際には一発合格で良かったです(笑)
実際に入学してからは、想像以上に恵まれた環境に驚きました。放課後も自由に実習室を使えるので、技術試験前には、毎日、友人たちと練習に励みました。
また、横浜未来の校舎は綺麗で、窓も多く、太陽の光が多く差し込む造りになっているので、常に明るい雰囲気です。そのせいか、学生たちも明るく楽しい人が多いです。
就職する際、実家を離れるため、ホームシックになることを心配しましたが、休日もしっかり取れるため問題ありませんでした。グループの基幹病院で働けることにやりがいを感じています。


2018年度卒 神奈川県立綾瀬高等学校出身

2018年度卒 神奈川県立綾瀬高等学校出身

牧野記念病院 勤務

リアルな学習環境という他校に無い安心感で入学を決めました。
シミュレーターが豊富だったり、実習室が本物の病院みたいだったりと設備や施設が充実していたことが入学の決め手でした。1ベッドに2名という演習の順番が回ってくる回数の多さも魅力でした。
また、医療安全や感染症対策といった面で、臨床現場と同じ施設環境を再現していることが横浜未来の自慢です。
放課後は、各実習室が開放されていて、自由に練習に取り組むことができることも、看護学生にとって大きいと思います。
3年間の看護学生生活の中で挫折をすることもありましたが、この学校には、支えてくれる仲間や先生がいます。今、私が看護師として働けているのは、横浜未来だったからだと言えます。


2018年度卒 私立横浜隼人高等学校出身

2018年度卒 私立横浜隼人高等学校出身

よこすか浦賀病院 勤務

良き指導者との出会い。
正直、第一志望の学校の受験に失敗して、横浜未来は第二志望でした(笑)
でも、横浜未来で学べてよかったと思っています。 横浜未来の先生方は親身になって対応してくださいます。優しいばかりではなく、時には厳しく指導されることも…。でも、それって自分のために対応してくれているんだって思えたんですよね。日頃からのそのような信頼関係が築けていたということだと思います。
横浜未来の悪い点?思いつかないです(笑)
現在は、消化器疾患で入院されている患者様の手術や内視鏡検査の前後の管理を任されていますが、看護学生時代の実習と異なり、実際に患者様への薬剤投与などもあるため、日々緊張感を持って仕事に臨んでいます。目標は、認定看護師になることです。私のプリセプター(指導者)は、緩和ケアの認定看護師の方なのですが、患者様やそのご家族の対応すべてにおいて、根拠を持って行動されていて、ブレない価値観や信念を感じます。私も専門的知識と技術を持って、入院から退院まで責任を持って患者様のケアをしたいです。


2018年度卒 東京都立野津田高等学校出身

2018年度卒 東京都立野津田高等学校出身

戸塚共立第2病院 勤務

看護師を目指す中で出会えた一生の友達。
仲間がいるからどんな困難も乗り越えられる。

私は子育てをしながら、看護学校に通いました。看護師の勉強と子育ての両立の厳しさは覚悟していましたが、現実は想像以上でした。学校の先生方の励ましや家族の支えもあって、無事に国家試験に合格することができました。でも、一番大きな存在は学校で出会えた友達でしたね。難しい試験や辛い実習を一緒に乗り越えた仲間。
看護師を目指した3年間の中で、看護師国家資格と一生の友達を手に入れることができました。学校内の空気や雰囲気、環境って大切だと思います。


2019年度卒 神奈川県立横浜緑園高等学校出身

2019年度卒 神奈川県立横浜緑園高等学校出身

戸塚共立第1病院 勤務

経験豊富な先生の授業と楽しいキャンパスライフ。
横浜未来の経験豊富な先生方の指導は一方的ではなく、看護に必要な感性を磨き、学生自身で答えを見つけられるように導いてくれます。臨地実習へ行き、実際に患者さんを担当した時に自身の成長を実感することができました。
また、高校時代から憧れていた戴帽式は、神聖な雰囲気で感動しました。
みなさんにもあの感動を体感していただきたいですし、その他にも文化祭やスポーツ大会など横浜未来には楽しい行事があります!様々な行事を通して、勉強だけでなく、広い視野を持つことができたと思います。多くの患者様の変化に気づき、お一人お一人に寄り添える看護師になることが目標です。


2019年度卒 神奈川県立霧が丘高等学校出身

2019年度卒 神奈川県立霧が丘高等学校出身

よこすか浦賀病院 勤務

看護学校選びのポイントは教育内容や環境。
私は看護の道に進むために、高校在学中に予備校で受験対策の勉強をしていました。その時に、予備校の先生から「看護学校選びのポイントにおいて、教育内容や環境も重要」と教えていただき、いくつかの看護学校のオープンキャンパスに足を運んだ中で「スケールメリット」に魅力を感じ、横浜未来を選びました。
入学後は、グループ病院を中心に実習に行くため、初めて行く病院でも安心感があります。
また、普段の授業や演習で触れている医療機器や医療資材が、臨床現場でも使用されているため、実習に出た際のギャップが少ないですし、今、臨床現場で求められていることを学校で学べるのは大きな強みだと思います。

入学生の主な出身校 【2013年度~2020年度入学生】※順不同

【神奈川県】

戸塚/舞岡/上矢部/横浜桜陽/松陽/永谷/横浜南陵/南/横浜栄/金井/横浜緑園/瀬谷/瀬谷西/横浜隼人/横浜商業/横浜清陵/横浜清風/桜丘/保土ケ谷/商工/二俣川看護福祉/旭/横浜旭陵/横浜富士見丘学園中等教育/横浜商科大学/城郷/神奈川工業/横浜創英/荏田/新栄/希望ケ丘/霧が丘/市ケ尾/元石川/白山/横浜翠陵/岸根/新羽/高木学園女子/みなと総合/横浜立野/横浜女学院/横浜氷取沢/磯子/横浜学園/鶴見大学附属/鶴見総合/金沢総合/横浜創学館/高津/県立川崎/市立川崎/大師/川崎北/百合丘/生田東/カリタス女子/麻生/麻生総合/大西学園/大船/七里ガ浜/深沢/鎌倉女子大学高等部/北鎌倉女子学園/鎌倉女学院/藤沢清流/鵠沼/湘南/藤沢工科/湘南工科大学附属/湘南台/藤沢西/藤沢総合/日本大学藤沢/茅ケ崎/茅ケ崎西浜/平塚学園/高浜/平塚農業/逗子/逗葉/三浦学苑/湘南学院/横須賀学院/緑ヶ丘女子/横須賀総合/横須賀明光/横須賀工業/津久井浜/三浦初声/厚木東/海老名/綾瀬/綾瀬西/座間総合/伊勢原/自修館中等教育/向上/橋本/東海大学付属相模/光明学園相模原/相模女子大学高等部/相模原青陵/城山/小田原/相洋

【東 京 都】

蒲田女子/蒲田/東京実業/日本体育大学荏原/駒澤大学/世田谷総合/深沢/芦花/大崎/日出/目黒学院/総合芸術/駒沢学園女子/若葉総合/成瀬/山崎/野津田/大成/八王子北

【 静 岡 】

伊東商業/稲取/加藤学園/日本大学三島/三島北/下田南/藤枝順心

【北 海 道】

札幌日本大学/札幌山の手/札幌東商業/鷹栖/とわの森三愛/旭川実業

【 東 北 】

青森商業/盛岡誠桜/釜石/一戸/大船渡工業/本荘/明桜/大館鳳鳴/花輪/角館/西目/秋田明/徳館/能代松陽/東北/鶴岡北/米沢中央/米沢東/仙台育英/宮城野/湯本/福島東/須賀川

pagetop