受験生の皆さま

TOP > 受験生の皆さま > 在校生・卒業生インタビュー

在校生・卒業生インタビュー

未来生(在校生)インタビュー

神奈川県立横浜清陵高等学校出身

神奈川県立横浜桜陽高等学校出身

高校3年間を部活動にささげた私は、進学先を決めるポイントに「活気」や「雰囲気」を重要視していました。
横浜未来のオープンキャンパスでは、それまでに見学してきたどの学校よりも明るい空気を感じました。そして、元気な在校生と話していく中で、先生と在校生との信頼関係も感じることができました。自分が看護師になるための学校として、迷わず横浜未来を選びました。
実際に入学すると、クラスの人数も30名なので、すぐに友人もでき、「みんなで頑張ろう!」と授業や実習に臨んでいます。
また、同じ学年だけでなく、先輩方や後輩達ともコミュニケーションをとる機会が多いことも横浜未来の特長だと思います。

在校生の横浜未来おすすめポイント
  • 学生と教員の距離が近い、アットホームな雰囲気
  • クラスが一つのチームとして、授業や学校行事に取り組む
  • 一人ひとりに応じた国家試験対策支援の実現

神奈川県立横浜緑園高等学校出身

神奈川県立横浜緑園高等学校出身

高校生の時にいくつかの看護学校に足を運びましたが、横浜未来を見学した際、校舎内でお会いした先生や在校生の姿から「距離の近さ」を感じました。
横浜未来の先生方はコミュニケーションを大切にし、話しやすい雰囲気を作ってくれています。勉強面はもちろん、プライベートの相談にも乗ってくれますし、経験豊富な先生方の指導は一方的ではなく、看護に必要な感性を磨き、学生自身で答えを見つけられるように導いてくれます。臨地実習へ行き、実際に患者さんを担当した時に自身の成長を実感することができました。

在校生の横浜未来おすすめポイント
  • 入学前から始まる学習支援による学習基盤づくり
  • 学習状況に応じてカリキュラム外の補講実施
  • 個別面談によるフォロー体制

神奈川県立瀬谷高等学校出身

神奈川県立瀬谷高等学校出身

私は看護師を目指す際、専門学校への進学を決めていました。学校を選ぶにあたって、いくつかの学校を見学しましたが、施設や設備の充実という点が横浜未来を選んだ決め手となりました。吹奏楽部だった私にとって、練習環境の重要性が身にしみていたからです。
入学して実際の演習の授業に入ると「この学校を選んで正解だった」と思いました。学生数に対して、ベッドやシミュレーターの数が多いので、自分の番が回ってくる回数が多くなり、技術力を磨くことができました。
また、放課後も自由に実習室を使えるので、実技試験前には、毎日、友人達と練習に励みました。

在校生の横浜未来おすすめポイント
  • 最先端のシミュレーターを豊富に取り揃えた演習環境
  • 実習場を想定した環境(ナースコール、ナースステーション等)を完備
  • 放課後は各実習室を開放しており、自由に練習に取り組める

神奈川県立霧が丘高等学校出身

神奈川県立霧が丘高等学校出身

私は看護の道に進むために、高校在学中に予備校で受験対策の勉強をしていました。その時に、予備校の先生から「看護学校選びのポイントにおいて、教育内容や環境も重要」と教えていただき、いくつかの看護学校のオープンキャンパスに足を運んだ中で「スケールメリット」に魅力を感じ、横浜未来を選びました。
入学後は、グループ病院を中心に実習に行くため、初めて行く病院でも安心感があります。
また、普段の授業や演習で触れている医療機器や医療資材が、臨床現場でも使用されているため、実習に出た際のギャップが少ないですし、今、臨床現場で求められていることを学校で学べるのは大きな強みだと思います。

在校生の横浜未来おすすめポイント
  • 医療安全、感染症対策、認定看護師育成、災害看護教育など「今」の臨床現場を意識した看護教育を展開
  • 隣接するグループ病院から届く、臨床現場で「今」使われている医療資材を使った演習環境
  • グループ独自の奨学金で経済的負担を軽減(3年総額180万円 ※全額免除条件あり)

横須賀市立横須賀総合高等学校出身

横須賀市立横須賀総合高等学校出身

私が高校3年生の時は、高校に横浜未来からの指定校推薦枠が無かったため、指定校推薦枠がある他の学校と迷いました。何度も横浜未来と他校に足を運び、出た結論が「臨床現場と繋がっている横浜未来」を受験し、実力で合格することでした。無事に合格することができてよかったです。
在学中から就職先で求められる知識や技術、心構えを身につけられることは強みだと思います。
実習先の病院には、横浜未来を卒業された先輩方も勤めていらっしゃるので、実習中に声をかけていただいたり、フォローしていただけるのは、とても有難いです。

在校生の横浜未来おすすめポイント
  • 実習先の病院が実習環境を整えてくれている(臨床現場と教育現場の協働)
  • 今、臨床現場で活躍している医師や看護師の講義が受けられる
  • グループ病院へ就職した場合、継続して卒後教育を受けられる

卒業生が語る横浜未来

2015年度卒 東京都立山崎高等学校出身

2015年度卒 東京都立山崎高等学校出身

戸塚共立第2病院 勤務

横浜未来は知人にも自信を持って勧められる学校です。
卒業して看護師として働いている今、在学時代を振り返ってみると、看護師になるために理にかなった環境でした。
在学中の臨地実習では、実習先が学校から近いグループ病院だったことから、その日に感じた疑問点や不安を学校に戻って確認したり、先生に相談したりすることができ、長い実習を乗り越えることができました。
現在の勤務先である戸塚共立第2病院は、実習でお世話になり、指導していただいた看護師の方々が優しく、院内の雰囲気もアットホームだったので、採用試験を受けました。 現在は消化器外科病棟に勤務していますが、先輩方が手厚くフォローしてくださり、患者様やそのご家族との関わりの中で日々やりがいを感じながら働いています。


2016年度卒 日本大学藤沢高等学校出身

2016年度卒 日本大学藤沢高等学校出身

新座志木中央総合病院 勤務

入学の決め手は、戸田中央医科グループのスケールメリットですね。
学校の雰囲気の明るさも魅力に感じました。
横浜未来の特長の一つとして、臨床現場と教育現場が繋がっていることが挙げられますが、在学中から就職先で求められる知識や技術、心構えを身につけられたことが今の私の強みになっていると思います。臨床現場に出てみてると、普段の授業はもちろん、学校行事や委員会の中で学んだチームワークが本当に大切なんだと実感しています。
現在の勤務先である新座志木中央総合病院は最先端の医療技術を導入していますが、私自身も最前線で活躍できる看護師を目指して頑張りますので、皆さんも横浜未来で看護師を目指して頑張ってください。


2016年度卒 横浜市立みなと総合高等学校出身

2016年度卒 横浜市立みなと総合高等学校出身

戸田中央総合病院 勤務

戸田中央医科グループという大きな医療法人のバックアップが受けられるという他校に無い安心感で入学を決めました。
グループの奨学金のおかげで勉強や実習に集中して取り組める環境だったことは、今振り返ると大きかったと思います。
現在の勤務先である戸田中央総合病院は500床近い大きな病院で来院される患者様も多く、診療科も多いため、覚えなければならないことが沢山あって大変ですが、それ以上にやりがいを感じています。横浜未来で教わったことが実際の臨床現場で活きています。将来は患者様はもちろん、病院のスタッフからも信頼される認定看護師になりたいと思っています。


2017年度卒 神奈川県立二俣川看護福祉高等学校出身

2017年度卒 神奈川県立二俣川看護福祉高等学校出身

よこすか浦賀病院 勤務

医療ドラマをきっかけに看護師に憧れ、看護師になるための進路を考え、中学生の時の職場体験では、病院を選択しました。高校も看護師になるための進路を想定し、二俣川看護福祉高校に進学しました。
高校卒業後の進学先は、5つの看護学校を見学し、その中から「自分がその学校で勉強するイメージができた」横浜未来を選択しました。
入学後は、勉強量の多さに戸惑いました。また、目標は一つでもそこに辿り着くまでのアプローチ・手法がいくつかあり、多くのことを覚えなければならない点も大変でした。でも、自分の中で消化できると面白かったです。
横浜未来のお勧めポイントは、①先生と学生の距離が近い!②実習環境が整っている!!③トイレがキレイ(笑)
現在は、回復期で働いていますが、将来は小児科で働きたいと思っています。


2018年度卒 横浜市立戸塚高等学校出身

2018年度卒 横浜市立戸塚高等学校出身

TMGあさか医療センター 勤務

私は戸塚で育ち、地元の看護学校で学び、慣れ親しんだ戸塚に貢献できる看護師になりたいという想いと、戸塚を中心とした横浜市内に多くの医療機関を展開しているグループという点が一致しました。
元々、地元で看護師として働きたいと考えていましたが、入学してからグループ病院での実習はもちろん、学校生活の中でTMGのスケールに触れる機会があることで視野が広がり、自分の夢を叶えるために現在の勤務先に就職しました。
将来、患者さんの「心」に深く寄り添う精神科の看護を極めたいという目標や海外派遣にもチャレンジしたいという想いがあります。今は救急医療でどんなケースにも対応できる力を身につけたいです。


2018年度卒 神奈川県立上矢部高等学校出身

2018年度卒 神奈川県立上矢部高等学校出身

新座志木中央総合病院 勤務

魅力的な先生が入学の決め手でした。
横浜未来のオープンキャンパスに参加した際、「先生と在校生の距離の近さ」を感じました。在校生の自然体な姿も他の看護学校に無い魅力と感じたからです。
横浜未来の先生方はコミュニケーションを大切にし、話しやすい雰囲気を作ってくれています。勉強面はもちろん、プライベートの相談にも乗ってくれます。何より私が感動したのは、副学校長自ら在校生一人ひとりに面談の時間を割いて、悩み相談に乗ってくれたことです。「絶対看護師になる」と改めて心に決めました。


2018年度卒 神奈川県立横浜栄高等学校出身

2018年度卒 神奈川県立横浜栄高等学校出身

戸田中央総合病院 勤務

この学校しかない。という想いで横浜未来を受験しました。
横浜未来を見学した際に、充実した施設・設備を目の当たりにし、「この学校しかない」と瞬間的に決めました。浪人してでも入学する覚悟でしたが、実際には一発合格で良かったです(笑)
実際に入学してからは、想像以上に恵まれた環境に驚きました。放課後も自由に実習室を使えるので、技術試験前には、毎日、友人たちと練習に励みました。
また、横浜未来の校舎は綺麗で、窓も多く、太陽の光が多く差し込む造りになっているので、常に明るい雰囲気です。そのせいか、学生たちも明るく楽しい人が多いです。
就職する際、実家を離れるため、ホームシックになることを心配しましたが、休日もしっかり取れるため問題ありませんでした。グループの基幹病院で働けることにやりがいを感じています。


2018年度卒 神奈川県綾瀬高等学校出身

2018年度卒 神奈川県綾瀬高等学校出身

牧野記念病院 勤務

リアルな学習環境という他校に無い安心感で入学を決めました。
シミュレーターが豊富だったり、実習室が本物の病院みたいだったりと設備や施設が充実していたことが入学の決め手でした。1ベッドに2名という演習の順番が回ってくる回数の多さも魅力でした。
また、医療安全や感染症対策といった面で、臨床現場と同じ施設環境を再現していることが横浜未来の自慢です。
放課後は、各実習室が開放されていて、自由に練習に取り組むことができることも、看護学生にとって大きいと思います。
3年間の看護学生生活の中で挫折をすることもありましたが、この学校には、支えてくれる仲間や先生がいます。今、私が看護師として働けているのは、横浜未来だったからだと言えます。

入学生の主な出身校 【2013年度~2019年度入学生】※順不同

【神奈川県】

戸塚/舞岡/上矢部/横浜桜陽/松陽/永谷/横浜南陵/南/横浜栄/金井/横浜緑園/瀬谷/瀬谷西/横浜隼人/横浜商業/横浜清陵/横浜清風/桜丘/保土ケ谷/商工/二俣川看護福祉/旭/横浜旭陵/横浜富士見丘学園中等教育/横浜商科大学/城郷/神奈川工業/横浜創英/荏田/新栄/希望ケ丘/霧が丘/市ケ尾/元石川/白山/横浜翠陵/岸根/新羽/高木学園女子/みなと総合/横浜立野/横浜女学院/氷取沢/磯子/横浜学園/鶴見大学附属/鶴見総合/金沢総合/横浜創学館/高津/県立川崎/市立川崎/大師/川崎北/百合丘/生田東/カリタス女子/麻生/麻生総合/大西学園/大船/深沢/鎌倉女子大学高等部/北鎌倉女子学園/鎌倉女学院/藤沢清流/鵠沼/湘南/藤沢工科/湘南工科大学附属/湘南台/藤沢西/藤沢総合/日本大学藤沢/茅ケ崎/茅ケ崎西浜/平塚学園/平塚農業/逗子/逗葉/三浦学苑/湘南学院/横須賀学院/緑ヶ丘女子/横須賀総合/横須賀明光/横須賀工業/津久井浜/三浦初声/厚木東/海老名/綾瀬/綾瀬西/座間総合/伊勢原/自修館中等教育/橋本/東海大学付属相模/光明学園相模原/城山/小田原/相洋

【東 京 都】

蒲田女子/蒲田/東京実業/日本体育大学荏原/駒澤大学/世田谷総合/深沢/芦花/大崎/日出/目黒学院/総合芸術/駒沢学園女子/若葉総合/成瀬/山崎/野津田/大成/八王子北

【 静 岡 】

伊東商業/稲取/加藤学園/三島北/下田南/藤枝順心

【北 海 道】

札幌日本大学/札幌山の手/札幌東商業/鷹栖/とわの森三愛/旭川実業

【 東 北 】

青森商業/盛岡誠桜/釜石/一戸/大船渡工業/明桜/大館鳳鳴/花輪/角館/西目/秋田明徳館/能代松陽/東北/鶴岡北/米沢中央/米沢東/仙台育英/宮城野/湯本/福島東

pagetop